• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

骨董品越前焼

コラム一覧へ戻る


越前焼について徹底的に解説

今回の記事では日本六古窯の1つだと言われている越前焼のその歴史や特徴について徹底的に解説していきたいと思います。
越前焼について興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

越前焼の定義と特徴について

それではまず始めにこの越前焼とは一体どのような焼き物であるのか、その定義と特徴について解説していきます。

越前焼とはその名の通り福井県の越前町で作られている陶磁器のことをそう呼び、最初にも少しお話したように越前焼が作られている窯は今では日本六古窯の一つとして指定されています。

そしてこの越前焼の大きな特徴としてあるのはやはりその素朴な色合いにあるといえるでしょう。
焼き物の多くは人工的に作られた釉薬などを利用して色をつけたり絵画を描いたりするのですが、この越前焼は原料の土の成分による色をそのままにしているため、素朴な色合いになっているのです。

土の色合いがそのまま残っているのですが、その素朴な色合いがまた焼き物にいい味を出しマッチしており、実際にその色合いを好むファンは多くいると言われています。

越前焼の歴史について

それでは次に、この越前焼の歴史についてご紹介していきましょう。

越前焼の始まりは焼き物の中でも非常に古く、なんと平安時代から始まったと言われています。

しかし作られ始めてからしばらくの間は全く有名になることはなく、越前町の人々の間だけで愛用されていたと言われているのです。
ちなみに言っている人はあまり多くないのですが、越前町の人々の間だけで利用されていた間は織田焼と呼ばれていたそうです。

そんな越前焼が日本全国に有名になったのは比較的最近のことで、昭和45年に作られた越前陶芸村がそのきっかけとなったと言われています。
この越前陶芸村が開かれたことにより観光客が日本全国から訪れるようなり、その結果この越前焼という焼き物が日本に知られるようになったのですね。

ちなみに今ではこの越前焼はインターネットなどでも販売されているようですので、もし興味があれば購入を考えてみてはいかがでしょうか。

さて、ここまで越前焼の定義や特徴、またその歴史についてご紹介してきました。
今回の記事があなたの少しでも役に立ち、参考になったのであれば幸いです。

↓関連記事はコチラ

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

ページトップへ