• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

刀剣の買取案内

刀剣

当店は刀剣を高価買取いたします。

幅広い骨董品の取扱い実績を有するアンティークてんま屋では、刀剣の買取も行っています。
刀剣はなかなか持ち運びが難しい品目であるため、飾る機会のない物が処分に困った挙句、自宅の倉庫や蔵で眠っているケースが非常に多いとされています。

また刀剣は「飾る」以外に使い道がないため、先祖から譲り受けた物であっても、「現代人にはその価値もわからない」というケースも非常に多いのです。
そんな皆さんの想いに寄り添うアンティークてんま屋では、出張買取によってお客様の刀剣における「価値」を判断します。
また出張買取では、兜や鎧などの甲冑類も一緒に査定することもできますので、蔵や遺品整理をしたタイミングで、アンティークてんま屋を利用して頂ければと思います。

刀剣に特化した買取専門店は非常に少ない傾向がありますが、骨董品を中心にさまざまな物を取り扱うアンティークてんま屋なら、全国47都道府県にて出張買取対応が可能です。
また「これは刀剣と呼べるのか?」というレベルの雑貨でも査定ができますので、自宅に残っている刃物や美術品をお持ちの方は気軽に問い合わせの上、ご相談ください。

刀剣の有名作家

「アンティークてんま屋」では、下記でご紹介している刀剣の有名作家の商品を買取強化しています。
もちろん下記作家以外の作品も多数買取しておりますのでお気軽にご相談ください。

  • 埋忠明寿
  • 長曽祢興里虎徹
  • 信濃守国広
  • 野田繁慶
  • 越前守助広
  • 肥前国初代忠吉
  • 井上真改
  • 南紀初代重国
  • 山城大掾国包
  • 一平安代
  • 長曽祢興正
  • 主水正正清
  • 陸奥守忠吉
  • 堀川国安
  • 初代康継

刀剣の買取方法

「アンティークてんま屋」では、全国47都道府県への「出張買取」と、店頭での「来店買取」の2種類の買取方法にて買取ご対応させて頂いておりますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

日本古来の美しい輝きは世界でも人気が高い 刀剣とは

日本は職人の国だったのだ、ということを強く意識させてくれるものといえば、「刀剣」もあります。
日本では実用性にもと見ながら、芸術的にも価値があるような美しくしなやかな、昔の侍のイメージをそのまま具現化したような作品ともいうべき”刀剣”という素晴らしい芸術品があります。
骨董品としても珍重されている刀剣ですが、状態が良く、希少価値の高いもの、また有名な匠による作品などの場合には高額な値段がつくことも多いのだそうです。

日本国内のみだけでにとどまらず、世界でも”日本の刀剣”をコレクションするコレクターが多いほど、その美しさは多くの人々を魅了しているのです。
「斬るため」にあるものではありますが、光り輝く独特のフォルム、潔さも感じさせるその刃先や、美しい装飾の施された鞘や柄は、特に刀剣のコレクターでなくても、みればついつい引き込まれてしまうような魅力を感じさせてくれます。

ここまでに美しいものを作ることができた日本の職人たちの技量に感嘆してしまう、なんとも言えない時間を過ごさせてくれるのではないでしょうか。

刀剣の買取を考えていらっしゃるのなら

ご先祖様から受け継いだものであったり、とご自身でお買い求めになったものではないけれど引き継いでいる”刀剣”の扱いに困っているという方もいらっしゃいます。

コレクターからしてみればうらやましい限りの環境ではありますが、刀剣はあると落ち着けるようなものではありませんから、もしその存在感の大きさにプレッシャーを感じる毎日に疲れてしまったということであれば、次のオーナーに引き継ぐためにも刀剣の買取を行っている買取店を探して査定に出してみられてはいかがでしょうか。

世界的にもコレクターの多い刀剣ですから、状態が良く作品が素晴らしいものであれば、高額買取になることも少なくないのだそうです。

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

刀剣の買取について

刀剣は、コレクターの間で人気の高い骨董品です。
日本において刀剣が作られ始めたのは、古墳時代以前であるとされています。
また平安時代末期以降になると「日本刀」と呼ばれる刀剣が主流となり、戦闘方法や政治、経済、文化などに応じた形で、変貌を続けていく形となります。

日本における刀剣で知名度の高い物は、日本国国宝「大包平」、重要文化財「数珠丸」、豊臣秀吉の愛刀「一期一振」などとなります。
またこの他にも各地の武将が愛用していた刀が博物館や資料館などに展示されていますので、「当時の歴史を語る品」という意味でも刀剣の価値は非常に高いと言えるのです。
価値ある刀剣には、漆や金、銀などの装飾が施されていますので、古美術品としての価値も見出せる存在であると言えるでしょう。

刀剣の中には外国製の物もありますが、アンティークてんま屋では日本製・外国製共に買取可能となっています。自宅から持ち出せない大型の刀剣に関しては、出張買取も対応できますので気軽にお問い合わせください。

ページトップへ