• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

陶芸品の買取案内

陶芸品

当店は陶芸品を高価買取いたします。

アンティークてんま屋では、人間国宝などの著名作家の作品だけなく、無名作家の陶芸品も買取しています。
日本において古くから「食器」として使われてきた陶磁器は、どこの家庭にもある工芸品のひとつとなります。
普段使っている食器の中には、「持ち主が気付かない価値ある陶芸品」も多く存在しますので、引越しや倉庫の片付けの際に入らない陶磁器が出てきた場合には、気軽にアンティークてんま屋にお持ち寄りください。

またアンティークてんま屋では明治以降に作陶された有名作家の作品に対して、鑑定によって陶芸品の真贋を判断することができますので、友人知人からもらった陶磁器に対して「これは本物なのだろうか?」とい疑問を抱えている皆さんにも、スムーズに寄り添えるサービスを行っています。

アンティークてんま屋に持ち込むことができないほどの大量の陶芸品をお持ちの方は、全国47都道府県にて出張買取も実施していますので、気軽にお申し付けください。
アンティークてんま屋では骨董品や工芸品全般の買取も行っていますので、倉庫や蔵に詰まった物を全て買取査定することもできます。

陶芸品の有名作家

「アンティークてんま屋」では、下記でご紹介している陶芸品の有名作家の商品を買取強化しています。
もちろん下記作家以外の作品も多数買取しておりますのでお気軽にご相談ください。

  • 青木龍山
  • 永楽善五郎
  • 金重素山
  • 肥沼美智雄
  • 末岡信彦
  • 田中佐次郎
  • 月形那比古
  • 葉山有樹
  • 深見陶治
  • 福島武山
  • 三浦竹泉
  • 三輪龍作
  • 若尾利貞
  • 和太守卑良
  • 伊藤北斗

陶芸品の買取方法

「アンティークてんま屋」では、全国47都道府県への「出張買取」と、店頭での「来店買取」の2種類の買取方法にて買取ご対応させて頂いておりますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

  • 出張買取
    → 出張買取の流れを詳しく見る
  • 店頭買取
    → 店頭買取の流れを詳しく見る

日本古来の素晴らしい芸術 陶芸品とは

日本にはいくつもの素晴らしい技術があり、それらによって生み出された素晴らしい作品があります。
茶器や皿、花瓶、酒器など様々な陶芸品があります。
陶芸品もその一つで「焼き物」とも言われますが、作家の思い思いの演出を施された陶器は、落とせば割れてしまうはかない存在だからこそ、より一層の存在感を放っているのかもしれません。
独特の色合いが人気、という作家もいれば、まさに芸術品ともいうべき細かい絵付けが評価されている作家もいて、それぞれの作家によって全く違う魅力があるのも陶芸品です。

中には、コレクションをしていた身内から引き継いだのだけれど、あまり陶芸品には詳しくないので、保管もよくわからないしどうしたらいいのかとお悩みになっている方もいらっしゃるかもしれません。
もし手放すことに特別な抵抗を感じることがない、ということであれば、まずは買取の査定に出してみるというのもよいかもしれません。

せっかく生まれてきた陶芸品ですから、買取してもらうことで次のオーナーのところで幸せな第二の人生が送れるのではないでしょうか。

陶芸品を買取してもらうためにはどうしたらよいのか

陶芸品は気を付けて扱わないと傷がついてしまったり、かけてしまうこともあります。
ですから、もし持ち込みで査定をお願いする場合には、扱いには気を付けてください。
また、大量の陶芸品を査定してほしいというときなどには出張査定を行っているお店を利用するのもおすすめです。
また、無料でネットや電話を使って査定を受け付けているところもあります。
写メールをしたり、作家や作品名がわかっていれば自宅に居ながら気軽に査定をしてもらうこともできますので、こちらもおすすめです。

なかなか詳しくないと作家の名前や作品名までわからないのも陶芸品だと思いますが、査定に出してみて、すごいものだったとわかったら、もちろん手放すことをやめることもできます。

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

陶芸品の買取について

食器や鑑賞用、コレクション用として作られてきた陶磁器は、骨董品の専門店でも高値で買い取られることが多い存在です。
日本における陶磁器の歴史は紀元前12,000年前とされており、世界最古の陶磁器が国内で作られていたのです。
また飛鳥時代以降の日本には、外国から「窯」の技術が入ってきたことによって、それまで難しいとされていた「高熱を使った作陶」ができるようになりました。

日本には各地域の特色をデザインに反映している陶磁器がたくさんあり、その中でも備前焼、益子焼、有田焼などが有名です。
また古伊万里のように輸出用として作られていた陶磁器もあるため、日本の陶磁器を愛する人々は世界各国に存在していると言えるでしょう。

茶器、茶碗、ツボ、花器という形で種類も豊富な陶磁器ですが、作家が不明であっても高値買取されるケースも非常に多いとされています。
骨董品買い取りのてんま屋では、どの地方の陶磁器でも買取査定致しますので、ぜひ気軽にお持ち寄りください。

ページトップへ