• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

茶道具の買取案内

茶道具

当店は茶道具を高価買取いたします。

古美術品の買取を得意とする「アンティークてんま屋」では、茶道具全般の査定・鑑定をお受けしています。
茶道具として最もポピュラーな物は「茶碗」となりますが、「アンティークてんま屋」では使用品でも買取を行っていますので「新しい物を買ったのでもう使わなくなった」という物があれば気軽にお持ち寄りください。

また茶道を行う部屋で使われていた花器や掛け軸なども買取可能となっていますので、茶室の模様替えやリニューアルの際に出てきた茶道具についても、買取査定に出すことがおすすめとなっています。
また、千家十職・著名作家によって作られた茶道具、表千家・裏千家をはじめ各流派の書き付けがなどある道具類はアンティークてんま屋におませ下さい。

「アンティークてんま屋」では47都道府県での出張買取を積極的に行っていますので、買取依頼を行いたい茶道具の種類・数ともに多いという皆さんでも安心です。
また当店では無名の作家によって作られた作品であってもきちんと査定を行いますので、茶室や蔵の整理などを行っていて「不要な茶道具」が出てきた際には気軽にお持ち寄りくださいませ。

茶道具の有名作家

「アンティークてんま屋」では、下記でご紹介している茶道具の有名作家の商品を買取強化しています。
もちろん下記作家以外の作品も多数買取しておりますのでお気軽にご相談ください。

  • 青木龍山
  • 魚住為楽
  • 大坂弘道
  • 角谷一圭
  • 香取正彦
  • 川北良造
  • 黒田辰秋
  • 佐々木象堂
  • 鈴木藏
  • 寺井直次
  • 氷見晃堂
  • 増村益城
  • 三輪休雪
  • 鹿島一谷
  • 赤地友哉

茶道具の買取方法

「アンティークてんま屋」では、全国47都道府県への「出張買取」と、店頭での「来店買取」の2種類の買取方法にて買取ご対応させて頂いておりますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

  • 出張買取
    → 出張買取の流れを詳しく見る
  • 店頭買取
    → 店頭買取の流れを詳しく見る

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

茶道具の買取について

鎌倉時代にまで遡る茶道具の歴史は、日本における伝統文化を語る上で欠かせないものです。
日本に抹茶が持ち込まれたのは、鎌倉時代のことであり、当時は「薬」としての活用法が主流だったのです。
また室町時代以降になると、中国で作陶された「唐物」という茶器が多く使われるようになり、大名たちの間でお茶がポピュラーな存在となっていきました。
お茶に関する芸術的な意味合いが強くなったのは、室町時代後期のことです。

この頃になるとたくさんの茶釜や茶碗などの「茶道具」が作られるようになり、現代では「骨董品のひとつ」として親しまれる存在となっているのです。
現代では衰退しかけている茶道ですが、歴史的文化の残っている京都などでは未だに「本格的な茶道具を使ったお茶会」が催されています。
骨董品の買取専門店であるアンティークてんま屋でも、幅広い茶道具の買取を行っていますので、全く使わない茶器や茶釜などをお持ちの方は気軽にお問い合わせください。

ページトップへ