• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

洋画の買取案内

洋画

当店は洋画を高価買取いたします。

アンティークてんま屋における洋画の買取は、水彩画、油絵、デッサン、パステルという幅広いジャンルで行っています。
著名作家の作品はもちろんのこと、「誰が描いた作品なのかわからない」というケースでも鑑定や査定を行いますので、自宅で不要になっている洋画をお持ちの方は気軽にアンティークてんま屋に無料査定依頼をご相談くださいませ。

また明治以降に有名作家によって描かれた作品については、所定の機関や鑑定人に依頼をした上で鑑定を行うことも可能です。
鑑定人によって「真作」と認められた作品には「鑑定書」が発行されますので、査定ではなく鑑定書の発行機関を探している皆さんにも、てんま屋はお役に立てる存在であると言えるでしょう。

巨大なキャンパスに描かれる洋画の多くは、「簡単に持ち出しができない」という理由で自宅の倉庫や蔵に眠っているケースが非常に多いとされています。
アンティークてんま屋ではそんな皆さんの悩みに寄り添う全国47都道府県での「出張買取サービス」を行っていますので、まずは気軽にお問い合わせください。

洋画の有名作家

「アンティークてんま屋」では、下記でご紹介している洋画の有名作家の商品を買取強化しています。
もちろん下記作家以外の作品も多数買取しておりますのでお気軽にご相談ください。

  • 青木繁
  • 糸園和三郎
  • 大久保作次郎
  • 葛西四雄
  • 国吉康雄
  • 小松崎邦雄
  • 斎藤与里
  • 須田国太郎
  • 清宮質文
  • 田辺至
  • 田村一男
  • 鶴岡義雄
  • 中畑艸人
  • 奈良美智
  • 野口弥太郎

洋画の買取方法

「アンティークてんま屋」では、全国47都道府県への「出張買取」と、店頭での「来店買取」の2種類の買取方法にて買取ご対応させて頂いておりますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

  • 出張買取
    → 出張買取の流れを詳しく見る
  • 店頭買取
    → 店頭買取の流れを詳しく見る

洋画は定義が難しい骨董です

洋画というのは、正式には”西洋画”という分類になります。
ですがヨーロッパで描かれたものなのか、ヨーロッパ以外で描かれたものなのかを判断するというのは非常に難しく、そういった意味で”西洋画とはこういうものだ”という定義はあいまいになっているといいます。
また、洋画に分類されるのはあくまでも紙に描かれているようなものということで、版画や彫刻風のものなどは省かれるのですが、色鉛筆やパステルで描かれたものも省かれるのだそうです。
それでも、著名が画家の描いたものであれば、西洋画の定義から外れていても高額の値段が付くものなのだそうです。
水彩画で描かれたもの、油彩で描かれたもの、でも様々な技法があり、作家によって表現の仕方も違いますから、一つ一つの絵が語りかけてくる物語に魅了されてしまう方も多いのでしょう。

西洋画にはいろいろな種類もあります

音楽や文学にもある「○○派」というものが絵画の世界にもあります。
西洋画においては、有名な”印象派”として分類されるゴッホやゴーギャンなどいった著名な作家が分類されるのが「後期印象派」とされています。
写実主義、シュールレアリズムな作風で知られるクロードモネなどの作家は「印象派」の作家として有名です。
また最も有名な”古典主義”という分類になっているのがドミニク・アングルーグランド・オダリスクのような作家です。

そして西洋画は質感で本物かどうかを見極める芸術品としても知られています。
ですから保管には細心の注意を払う必要もあるわけですが、立体的なものであるために絵の具であれば”油絵具”がつかわれることは有名です。

油絵具というのは劣化したり、曲がったり、衝撃ではがれてしまうこともありますし、湿気がひどいと剥離してしまうこともあります。
保存している西洋画は、しっかりと管理したうえで点検もしながら保存しておくのがおすすめです。

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

洋画の買取について

洋画は世界的に最もポピュラーな美術品となります。
洋画には描画技法が幅広いという特徴もあるため、水彩画、油彩、リトグラフ、デッサン、シルクスクリーンという形で自分好みの作品が選びやすいのも、世界に愛好者が多い理由のひとつと言えるでしょう。
洋画は新築祝いや結婚祝いなどで贈られることも多い美術品となりますので、「芸術品に興味のない人でも所有している確率の高いもの」でもあるとされています。

また洋画コレクターの中には「一切飾らず大事に保管をしている」という資産目的の皆さんもいらっしゃいますので、洋画の楽しみ方・買い方は人それぞれと考えて良さそうです。
日本であまり知られていない作家の作品であっても、意外と高値で買取されるのが洋画の特徴といっても過言ではありません。アーティスト名がわからない作品でも買取対応致しますので、気軽にてんま屋にお持ちください。他の古美術品同様に、きちんと買取させていただきます。

ページトップへ