• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

作 家クリスチャン・ラッセン

コラム一覧へ戻る


クリスチャン・ラッセンのシルクスクリーン~人気の秘密~

多少なりとも美術に興味を持っている方であれば、「クリスチャン・ラッセン」という画家を知っていると思います。

実はクリスチャン・ラッセンに代表されるシルクスクリーン作品は、日本でも高価買取査定が行われています

もちろん、アンティークてんま屋でもそれは例外ではありません。

何故、クリスチャン・ラッセンのシルクスクリーンはこれほど人気があるのでしょうか。

実はクリスチャン・ラッセンのシルクスクリーンは、新築祝いや結婚祝いなどで贈答されることが多いからです。

しかも作品もたくさん出されているため、コレクターにとって収集しやすいというメリットもあります。

全国47都道府県で出張買取を行っているアンティークてんま屋では、数多くのクリスチャン・ラッセンのシルクスクリーンの買取査定依頼をお待ちしています。

クリスチャン・ラッセンについて

ではここで、クリスチャン・ラッセンの作風を紹介したいと思います。

下記に明記したことを読んで頂ければ、クリスチャン・ラッセンの魅力がわかるのではないでしょうか。

「マリンアートの巨匠」~これがクリスチャン・ラッセンの代名詞です。

幼少の頃にハワイに移住したクリスチャン・ラッセンは母親の大きな愛情に育てられながら、「海・イルカ・自然」の魅力に魅せられていきました。

そんな魅力を感じることで、クリスチャン・ラッセンはさまざまな作品(アート)を手掛けるようになっていったのです。

1983年「サンクチュアリ」(作品)
サンクチュアリは国連のクリーンオーシャンキャンペーンのイメージアートとして描かれ、1992年には国連記念切手として採用され、その収益金が国連のさまざまな活動に使われています。

1990年「環境保護団体<シービジョン財団>を設立」
シービジョン財団は世界各国の環境問題に協力していて、日本でも福井沖原油流出事故が発生した時に寄付を受けています。

その他に~
・1996年、映画「フリッパー」の公式ポスター制作。
・1998年、「国際海洋年1998」の公式ポスターを制作すると同時に、N.G.O.組織「F.U.N.」の親善大使に任命される。

世界中から愛されるクリスチャン・ラッセン

このような実績を通じて、クリスチャン・ラッセンは世界中の人々から愛されるアーティストになっていったのです。

クリスチャン・ラッセンは作品自体を肌で感じ、共に生活する中でしか生まれてこないアート(芸術)そのものなっています。

そして、これからもクリスチャン・ラッセンの作品は「海・イルカ・自然」と共存共栄していきます。

↓関連記事はコチラ

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

ページトップへ