• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

骨董品赤珊瑚

コラム一覧へ戻る


高値で取り引きされる赤珊瑚

2013年頃、小笠原諸島近郊で中国漁船が赤珊瑚を密漁して捕まった事件を覚えているでしょうか。

日本では希少価値の赤珊瑚を保護するため、小笠原諸島近郊で珊瑚を取ることを禁止しています。

しかし中国は赤珊瑚を取るために、日本の規則を破って無断で密漁したのです。

何故そうまでして、中国漁船は赤珊瑚の密漁をしたのでしょうか。

その理由は、中国では赤珊瑚は「魔よけの象徴/富の象徴」として高値で取引されているからです。

もちろん、日本でも珊瑚は真珠と並んで「海の宝石」と呼ばれ重宝されています。

さらに赤珊瑚は「悪運を遠ざけ生命力を高める」の他、「旅の安全を願うお守り/子どもの健康や学業のお守り/パワーストーン」等々として、広く私たち日本人の間でも人気があります。

さまざまな種類の珊瑚

このように世界中で人気を集めている珊瑚は、赤珊瑚以外にどのような種類があるのでしょうか。

珊瑚の種類について

赤珊瑚………透明感のある濃い赤色をした赤珊瑚は日本特有のモノで、希少価値があるため高値で取り引きされています。
・胡渡り珊瑚…一般的な赤色をした珊瑚で、地中海沿岸国から輸入され小さなものに使用されています。
・モモ珊瑚……柿色に近い色合いをしていて、古くから親しまれています。
・ボケ珊瑚……淡いピンク色をしていて、天使の肌を思わせます(エンゼルスキン)。
・ピンク珊瑚…淡い桃色をした珊瑚です。
・白珊瑚………白色を基調としていて、白珊瑚の中には僅かにピンク色が含まれたものもあります。
・深海珊瑚……ミッドウェー周辺の深海底で取ることができる珊瑚です。

赤珊瑚を売るならアンティークてんま屋

アンティークてんま屋では、赤珊瑚に対する知識が豊富な鑑定士が在籍しています。

しかも高価買取だけでなく、お客様が持っている赤珊瑚の価値を知ってほしいため、無料で見積もりを実施しています。

赤珊瑚をお持ちのお客様で「売却したい/価値を確かめたい(無料見積もり)」と思っているならば、是非アンティークてんま屋へご一報を頂ければと思います。

アンティークてんま屋は、お客様に納得して頂ける査定を出す専門業者です。

↓関連記事はコチラ

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

ページトップへ