• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

骨董品常滑焼

コラム一覧へ戻る


愛知県で最も有名な焼き物の一つ、常滑焼について

あなたは愛知県常滑市で最も有名な焼き物の常滑焼というものをご存知でしょうか?

今回の記事では、この常滑焼の歴史や種類について詳しく解説していきますので、常滑焼について名前は聞いたことはあるけども、実際にはどのようなものか知らないという方や常滑焼についてちょうど知りたかったという方はぜひ参考にしていただければと思います。

常滑焼の歴史について

それではまず始めに常滑焼の歴史について1から解説していきます。

常滑焼はなんと5世紀頃に朝鮮から伝わった焼き物の技術が始まりだと言われています。

その後1100年頃に古常滑と呼ばれるもの、言ってみれば現在の常滑焼の基礎となるものが作られたと考えられていて、それからは長い期間、新しい技術などを取り込みながら進化していき、現在の常滑焼になったといわれているのです。

常滑焼の特徴について

それを次にこの常滑焼の特徴についてご紹介いたします。

常滑焼の大きな特徴と言えば、やはりその色合いにあるといえるでしょう。
常滑焼を実際に見た方であればご存知かもしれませんが、常滑焼というのは基本的に土の色を生かしたものとなっていて、他の焼き物とは違い素朴なデザインでありながらも深みのある印象を持っているのです。

実際にこの特徴に心奪われた人は多く、常滑焼は焼き物の中でも最も多くのファンを持っているものの一つだとも言われているほどです。

常滑焼の現在について

さてここまで常滑焼についての情報をいくつかご紹介してきましたが、それでは現在は常滑焼はどのように扱われているのでしょうか?

焼き物の中には既に製作販売が停止されているものもありますが、この常滑焼は現在も昔と変わらず作り続けられ、そして販売されています。
また、今ではインターネットでの販売も盛んに行われているようです。

ですので、もし今回の記事を読んで常滑焼に興味が湧いたのであれば、ぜひ一度インターネットでの購入を考えてみてもいいかもしれませんね。

今回の記事は以上になりますが、いかがでしたでしょうか。
少しでもあなたの参考になれば幸いです。

↓関連記事はコチラ

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

ページトップへ