• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

骨董品江戸切子

コラム一覧へ戻る


edokiriko

江戸切子(えどきりこ)とは?

「江戸切子」とは、江戸末期に始まった「江戸を中心としたガラス工芸」の総称です。江戸切子のような手法は海外で「カットガラス」と呼ばれており、切込み細工や彫刻が施されている特徴があります。江戸におけるカットガラスの始まりは、1834年だとされています。当時江戸の大伝馬町でガラス職人をしていた加賀屋久兵衛が、金剛砂を使ってガラスに美しい彫刻を施し、店頭で販売するようになりました。このような製法のガラス細工に対して「切子」というネーミングが付いたのは18世紀の終わりであるとされており、その技術は現代でも親しまれる存在となっています。

1881年になるとカットガラスにおける最先端と言われていたイギリスから外国人の技師が多く来日するようになり、当時ガラス職人として活躍していた人々が師事するようになります。また江戸切子の記述は蘭学も大きく関係しているため、日本におけるガラス工芸の発展には、外国人の力が必要不可欠な存在だったと言えるでしょう。

太平洋戦争中は衰退しかけた江戸切子業界ですが、戦後になると経済成長に合わせて切子職人たちが復興するようになりました。現在ではガラスメーカーの多くが機械による量産化を図っていますが、江戸切子や吹きガラスなどの「ガラスにおける伝統工芸」は未だに職人さん達の手作りで作業が進められているようです。

切子には、江戸切子以外に「薩摩切子」という種類も存在しています。薩摩切子の特徴は「模様の部分が淡い半透明の仕上がりになること」です。また薩摩切子は薩摩藩の衰退と共に産業も縮小化していますので、現在販売されているものの多くは、「当時の作品や技術を復元したもの」と捉えて良いでしょう。

江戸切子のグラスや食器は、全国各地のデパートなどでも販売されています。工芸士によって釣られた江戸切子は買取専門店でも高い値段が付くことで知られていますので、自宅で眠ってるカットガラスがある場合は、気軽にアンティークてんま屋にお持ち寄りください。

江戸切子とはどんなものなのか

実は誤解されている方も多いのが「江戸切子」ではないでしょうか。
江戸切子というのは、そもそも「切子」というガラスをカットし装飾を施す技術そのもの、を指している言葉なのだそうです。
ですからきれいな色合いで、切込みを入れて作ったようなガラス製品のことを「江戸切子」と認識されていることもあるかもしれませんが、そうではないのです。
とはいえ、商品名を「江戸切子」として販売するお店も多くなってきていますから、販売者が意図的にこの誤解を生みだしているともいえるかもしれません。

江戸切子の始まりのお話し

天保5年に江戸大伝馬町というところにあったびいどろ屋の「加賀谷久兵衛」が金剛砂を用いてガラスの表面に彫刻を施すことを始めたところが江戸切子のスタートなのだそうです。
その細工の細かく美しいさまにはベリーが驚いた、という話も残っているのだそうですよ。
今なお、独特の風合いを持つ美しい切子が施されたガラス製品は、多くの方の目を癒しています。
さらに、これからしばらくたち、ヨーロッパからカットグラスの技法が明治時代に日本に入ってきます。
工部省品川硝子製造所から持ち込まれたこのヨーロッパのカットグラス技術により定着し、今に至っているということです。

江戸切子は現在も海外の旅行客にお土産品としても人気が高い一品ですが、葛飾区指定の伝統産業であり、国・東京都の指定伝統工芸品にもなっています。

ただし、○○切子、として製造され販売されているもののすべてが手作りや国産の品物ではないそうです。
海外のものではなく、日本の工芸品としての切子をお求めになりたい、ということでお探しになる際には、しっかりと確認してから購入されるとよいでしょう。

小さなことではあるかもしれませんが普段飲んでいる麦茶でも、器が替わるととてもおいしく感じてしまうこともあるのかもしれません。

↓関連記事はコチラ

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

ページトップへ