• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

骨董品瀬戸焼

コラム一覧へ戻る


瀬戸焼についてわかりやすく解説!

今回の記事では日本で最も有名な陶磁器の一つだと言われている瀬戸焼についてご紹介してみたいと思います。

瀬戸焼について名前は聞いたことあるけども、実際にはどんなものであるのかは知らないという方はぜひ一度目を通してみてくださいね。

それでは早速、瀬戸焼についての解説を始めていきます。

瀬戸焼とは一体何なのか、その定義について

それではまず始めに、この瀬戸焼とはそもそも一体何なのかという定義について解説していきます。

瀬戸焼とはそのまま名前にもついている通り、愛知県の瀬戸市のあたりで作られている陶磁器の事をまとめてそう呼びます。
また昔からの伝統的な作り方で今でもなお生産が続けられている6つの代表的な窯を日本六古窯と呼ぶのですが、まさにこの瀬戸焼が作られている窯もその一つなのです。

今ではこの瀬戸焼という陶磁器は瀬戸の一体だけに限らず、東日本を中心に販売されていて、一般の方にとっては焼き物はイコール瀬戸焼であると言うイメージがあると言われているほど有名になっています。

瀬戸焼の特徴とは

それでは次に、この瀬戸焼の特徴についてご紹介したいと思います。

瀬戸焼の大きな特徴と言えばやはり陶器も磁器も両方ともあるということでしょう。

基本的に焼き物といえば陶器か磁器かどちらか一方でしか作られていないというものが多いのですが、この瀬戸焼に限ってはそうではありません。
昔から陶器も磁器も両方とも作られており、しかもそれぞれ今もなお生産され続けているのです。

また、今では現代の人でも気軽に日常生活で気軽に使えるように、コーヒーカップなども瀬戸焼で作られ販売されているので、もし今回の記事を読んであなたが瀬戸焼について興味を持ったのであれば、ぜひ瀬戸焼のものを何か一つ使ってみてはいかがでしょうか。
ちなみに今ではインターネットでも気軽に瀬戸焼を買うことができるため、購入する時は、インターネットを利用することをお勧めいたします。

↓関連記事はコチラ

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

ページトップへ