• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

骨董品甲冑

コラム一覧へ戻る


甲冑(かっちゅう)とは?

甲冑とは、日本の兵士が身に付けていた防具の総称です。甲冑の歴史は古代からとされており、当時の防具は古墳の出土品という形で残っています。また弥生時代には、木製の甲も多数使われており、この時代になると甲冑の存在がポピュラーなものとなっていたようです。

武士が出現するようになった平安時代以降は、「大鎧」と呼ばれる甲冑が着用されるようになりました。また日本における甲冑は、戦闘スタイルや使用する武器の移り変わりによって改良が施されているため、それぞれの時代や歴史を語る上で欠かせない存在であると考えて良さそうです。

甲冑のデザインは、頭部と同部が中心となっています。先頭の際に刀やナイフを使っていた国では甲冑と似た物を防具として用いるため、日本の同じデザインではなくても「甲冑」と位置づけられる防具も存在します。また甲冑に対して「兜や鎧の総称」と定義することもありますので、古い時代に戦争をしていた国々では「必ず甲冑と似た防具を用いていた」と考えて良いでしょう。

16世紀にヨーロッパから鉄砲が伝来してからの日本は、少しずつ「甲冑を用いる戦争」が減っていきます。大砲や鉄砲などを使っていた戊辰戦争では甲冑を身に付けた武士が多く存在していましたが、武士階級が消滅した明治維新以降は「甲冑を使う武士自体がいなくなった」と考えて良いでしょう。

実際に兵士や武士の体を守っていた甲冑は、歴史的資料としての一面があるため、非常に価値あるものとして博物館や資料館などに展示されることもあります。また権力の強い武将は漆器や金、銀などを使った芸術作品的な甲冑で身を守っていたこともあるため、古美術品としての価値が非常に高いものもあると考えて良いでしょう。

色々な意味で高い価値のある甲冑は、アンティークてんま屋でも高値で買取されることの多い品目となります。甲冑の多くは「持ち運びが難しい」という難点がありますが、アンティークてんま屋では出張買取も行っていますので気軽に問い合わせをしてみてください。

日本のものは世界的にも美しい芸術品と評価されている 甲冑とは

今でも五月人形として、男のための節句”こどもの日”に立派な甲冑を飾っていらっしゃるご家庭もあるのではないでしょうか。
兜やこいのぼりとされているご家庭も多いかもしれませんが、そもそも甲冑というのはどういうものなのかというお話をしてみたいと思います。

甲冑とは、昔の日本で実際に着用されていた、武士の体を守るためのものとして生み出されたものです。
ですが日本の甲冑というのは世界的に見ても芸術性に富んでおり、また自身を鼓舞するため、または平たく言えばハクを付けるためなどに派手で目立つ、装飾の美しい甲冑が生み出されるようになっていきます。

時代により、使われていた素材は違うのだそうで、古物商の立場からも価値を決めるのは難しい一品(わからない、という意味ではない)なのだそうです。
皮で作られたもの、鋼鉄製のもの、漆工芸、金工、組紐など本当に様々な素材を用いて作られた様々な甲冑は、男性だけでなく、女性でも芸術作品として見るに堪えうるものが多く存在しています。

特に歴史的にも名前を残している武将の身に着けていたもの、などはその価値を図ることも難しいのではないでしょうか。

甲冑の買取を考えていらっしゃるのなら

甲冑というのは素材は様々ですから、素材により理想の保管方法があります。
しっかりと保管できていれば防具でもありますから丈夫に作られているため、それほど劣化してしまうということはないでしょう。
ですが保管するには場所を取ります。すごいものが眠っている、というプレッシャーを感じながら、しっかりとケアをしていくとなると相当お好きでない限り、楽な作業ではありませんよね。

世界的にコレクターの多い日本の甲冑ですから、もしそのように持て余していらっしゃるという状況であれば、手放してみるのもよいのではないでしょうか。
歴史的にも芸術的にも価値のある甲冑です。しっかりと査定できるノウハウを技術のある買取店を探してまずは査定をしてもらい、どうするか決めるということもできるのです。

↓関連記事はコチラ

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

ページトップへ