• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

骨董品砥部焼

コラム一覧へ戻る


砥部焼の歴史や種類についてまとめてご紹介

今回の記事では愛媛県の砥部町周辺で作られている砥部焼と呼ばれている焼き物の歴史や種類についてご紹介していきたいと思います。

砥部焼について興味を持っていたという方はぜひ一度目を通していただければ幸いです。
それでは早速始めていきましょう。

砥部焼の歴史

それではまず始めに、砥部焼の歴史についてご紹介していきます。

砥部焼は江戸時代中期に作られ始めたとされていて、そしてなぜ砥部焼を作り始めたのかと言うと、実は今の砥部町のある地域の藩主がその藩の財政を安定させるためだと言われているのです。

最初は藩の財政を立て直すために作られたといわれるこの砥部焼ですが、しばらくすると技術の進化によって量産が可能となり、その結果全国でこの砥部焼という焼き物が販売されることになったのです。

今ではその歴史が認められ、愛媛県の指定無形文化財になっています。

砥部焼の特徴

それでは次にこの砥部焼と呼ばれる焼き物特徴についてご紹介いたします。

砥部焼の大きな特徴と言えばやはりそのデザインにあると考えられます。
砥部焼を実際にご覧いただくとわかると思うのですが、砥部焼のほとんどは白い磁器に藍色で柄が描かれています。

このすっきりとした印象を与えるようなデザインがまさにこの砥部焼の大きな特徴となっており、今でもこのデザインに心を奪われているファンは多いと言われています。
中には自分でこの砥部焼きを焼くために、自ら工房を開くという人もいるほどです。

砥部焼の今

さてここまで砥部焼についていろいろとご紹介してきましたが、現在では砥部焼はどのように扱われているのでしょうか?

現在ではこの砥部焼は先ほどもご紹介したように、愛媛県の無形文化財として指定されていますが、基本的には昔と変わらず今でも砥部焼は作られ販売され続けています。
またこの砥部焼を焼くという体験の観光ツアーなどが開催されていたりなど、今でもこの砥部焼は砥部町を支えている大きな存在だといえるでしょう。

さて、ここまで砥部焼についてまとめて解説してきました。
最後に少しお話し通り今でもこの砥部焼は販売されていますので、もし今回の記事を読んで興味が湧いたのであればインターネットなどを通じて購入してみてもいいかもしれませんね。

↓関連記事はコチラ

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

ページトップへ