• ホーム
  • 初めての方へ
  • 買取品目のご案内
  • 買取方法について
  • 高価買取の実績
  • 店舗案内

骨董品萩焼

コラム一覧へ戻る


萩焼について徹底解説

あなたは萩焼という焼き物をご存知ですか?

今回の記事では山口県の萩市一体で作られている萩焼に関連する情報をまとめてご紹介したいと思いますので、萩焼について興味を持っている方はぜひ一度目を通してみてくださいね。
それでは早速萩焼の紹介を始めていきましょう!

そもそも萩焼とは何なのか

ではまず始めにこの萩焼とは一体どのような焼き物であるのかを紹介したいと思います。

萩焼とは最初にもご紹介した通り山口県の萩市で作られている陶器の事を示します。
また昔からお茶の世界では一楽ニ萩三唐津と言われていて、萩焼はお茶の世界の人たちには昔から愛され続けている陶器なのです。

萩焼の特徴は色が変わること

さて昔からお茶の世界で愛され続けてきたこの萩焼という焼き物ですが、その大きな特徴に「七化け」と呼ばれるものがあります。

七化けとは陶器の中では非常に珍しい現象で、長い間焼き物を使っているとその焼き物の中に器に入れられていたお茶などが徐々に染み込んでいきたいどんどんと色が変化していくことを言うのです。

これは萩焼に使われている原料が理由で起きる現象なのですが、他の焼き物ではなかなか見ることができないものなので、この七化けを楽しみに萩焼を使っているファンもいると言われています。

今では現代に合わせてコーヒーカップやマグカップまたはお茶碗なども萩焼で作られて販売されているため、この七化けという現象を見てみたいという方はぜひ一度、萩焼で作られたものを使ってみることをお勧めいたします。

さて、ここまで山口県の萩市で作られている萩焼についての情報をまとめてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
たった今お話したように、今ではマグカップなどの萩焼も販売されているので、長年使うための自分用もしくは大事な人へのプレゼントなどとして購入することを検討してみてくださいね!

↓関連記事はコチラ

フリーダイヤル:0120-19-1008

  • 出張査定のご依頼
  • 無料査定フォーム

てんま屋

▼店舗所在地
〒556-0015 大阪市浪速区敷津西2-7-5 グランヴァレー1F
営業時間 / 9:00 ~ 18:00 (365日 休まず営業しています)

ページトップへ

ページトップへ